黄色い家族

アクセスカウンタ

zoom RSS 青天の霹靂

<<   作成日時 : 2008/11/28 08:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

3年前、レイソルがJ2に降格となった
主力選手がたくさんいなくなる、ハヤノは辞任(当たり前だ)
一体 このチームはどうなってしまうんだろう
毎日、HPをチェックして 当時 子供がレイソルサッカースクールに
通っていて その時、石さん らしき人が背広を着て クラハに
入っているのを見て、 もしかしてウチの監督になるの? と思っていたら
その日のうちにHPに載っていました

もう少しでJ1に昇格できなかった監督 という認識しかなかった
新春の選手ゲキ例会で「選手を鍛えるのは監督です選手を育てるのはサポーターの
みなさんです」という言葉が忘れられない

J2の1年間は本当に伝説のシーズンだった
負けてもサポから「次、次」「切り替えよう」という言葉が多くブーイングが
ほとんどなかった、選手もこのことを とても感謝していた

みんな石さんのおかげだと思う

J2で勝てなかった時期も雄太が「石さんを信じてやれば大丈夫だ」と
言っていた

今までこんなに 選手とサポーターに好かれていた監督がいただろうか・・

J1でもがんばってくれて去年は目標勝ち点45をあげてみんなで戦った

今年はSハラの不祥事と開幕から数試合で 不穏な空気が流れた
10試合勝てなかったときもあった

その責任を感じたのかな・・・


ただ悲しい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まさに『青天の霹靂

「驚き」や「残念」といった気持が入り混じっています。
「強化方針の違い」が「来期の契約せず」の理由とか・・・。

新聞報道によれば、フランサ中心のチーム作りがレイソル強化部の方針とありました。

この世界の厳しさを改めて感じます。

昨年の春頃、練習場で石さんが土手に歩み寄って来られて、見学者に向って一礼の後、「いつもありがとうございます、きょうの練習はボールは使わず・・・」と言って、練習のメニューの説明をしてくれました。

それは、ゲームのような練習を期待して来た見学者への心遣いでした。

石さんの3年間で、レイソルもレイソル・サポもファンも確実に成長しましたね。

明日のホームゲームで、その『集大成』を見届ける声援を送りましょう。

天皇杯の優勝で「有終の美」を飾って欲しい

ハーフタイム
2008/11/28 11:29
ハーフタイムさん
石さんは練習も非公開なんて事は絶対にせず
サポに練習の説明までしてくれるなんて
今までに無かったことですよね
その誰からも愛される人柄で みんなの信頼を得て
レイソルをここまでしてくれた・・

ユニにもう一つ★をつけるよう
私も精一杯声援を送ります
えじえじ
2008/11/28 18:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
青天の霹靂 黄色い家族/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる